英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。
    • なぜ「心理的安全性」が必要なのか
      なぜ「心理的安全性」が必要なのか
      • 4本

      近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

    • 場から未来を描き出す
      場から未来を描き出す
      • 4本

      言葉だけでなく「描く」ことで、対話を深める実践について説いた『場から未来を描き出す』。本書を起点に、多様な視点から場づくりや表現について考える。

    • Teal Impact
      Teal Impact
      • 16本

      『ティール組織』発売から2年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか? 多角的な視点から、「日本の組織と社会のこれから」を探求する。

    • Next Stage Organizations
      Next Stage Organizations
      • 16本

      ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

    • 『ティール組織』私はこう読んだ。
      『ティール組織』私はこう読んだ。
      • 12本

      『ティール組織』を各界のリーダーや研究者はどう読んだか。多様な視点から組織や社会の進化を考える。

    • すべてのマガジンを表示

今再び問う「社会的インパクト」とは何か? ──「社会的インパクト」を巡る最新動向と今後の展望:鴨崎貴泰(日本ファンドレイ…

『社会的インパクトとは何か──社会変革のための投資・評価・事業戦略ガイド』(以下「本書」)が日本で出版されてから5年が経った。 その後今日に至るまで、ソーシャル…

『恐れのない組織』の「解説」を公開します。

近年、ビジネスや組織論の文脈で注目を集める「心理的安全性」。このコンセプトの提唱者であり、『チームが機能するとはどういうことか』の著者でもあるエイミー・C・エド…

平時の社会実装、有事の社会実装(『未来を実装する』内のコラムを一部公開します)

1月24日に発売した『未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則 』。世に広がるテクノロジーとそうでないものの違いを明らかにし、テクノロジーで社会を変…

〈普通の仕事〉にこそ、心理的安全性:篠田真貴子(エール株式会社取締役)

Googleの研究をきっかけに大きな注目を集め、2021年のビジネスバズワードとも言われている「心理的安全性」。このコンセプトの提唱者エイミー・C・エドモンドソン(ハーバ…

『恐れのない組織』の第1章「土台」(冒頭一部)を公開します。

近年、ビジネスや組織論の文脈で注目を集める「心理的安全性」。このコンセプトの提唱者であり、『チームが機能するとはどういうことか』の著者でもあるエイミー・C・エド…

『恐れのない組織』の「はじめに」を全文公開します。

近年、ビジネスや組織論の文脈で注目を集める「心理的安全性」。このコンセプトの提唱者であり、『チームが機能するとはどういうことか』の著者でもあるエイミー・C・エド…