英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

    マガジン

    • 連載:「好き」を言語化しよう

      道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

    • 学習する組織×セルフマネジメント

      日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法を提供し、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。一方で、本や講演で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。 そこで私たちは、「本と実践をいかにつなげるか?」「どうすればこの場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらせるか?」「新しいことを継続するには何が大切か?」こうした問いに答えるべく、「学習する組織×セルフマネジメント」全5回プログラムを企画しました。 本マガジンでは、プログラムのファシリテーターや企画者の思い、参加者の声などをご紹介します。

    • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

      近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

    • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

      火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

    • 村瀬俊朗 連載「チームで新しい発想は生まれるか」

      新しいものを生みだすことを誰もが求められる時代。個人ではなくチームでクリエイティビティを発揮するには何が必要なのか? 凡庸なチームと創造的なチームはどう違うのか? 多様な意見やアイデアを価値に変えるための原則はなにか? チームワークのメカニズムを日米で10年以上にわたり研究してきた著者が、チームの創造性に迫る。

    リンク

    最近の記事

    まず、大人が学び、変化しよう。子どもの「話す力」とインクルーシブな未来のために(木村泰子さん、竹内明日香さん対談イベントレポート)

    『すべての子どもに「話す力」を──1人ひとりの未来をひらく「イイタイコト」の見つけ方』は、子どもたちの「話す力」を育むことの大切さ、そのために必要な社会・学校・教室の変化、そして大人がなすべきことが綴られた本です。 本書の出版を記念し、著者の竹内明日香さんと、大阪市立大空小学校の初代校長・木村泰子さんによるオンライン対談イベントが行われました。 竹内さんは一般社団法人アルバ・エデュ代表理事として、「話す力」を育む授業を公教育の場に届ける活動を続けてこられました。授業を届け

    スキ
    10
      • 組織開発の真髄を、究極の臨場感で。(加藤雅則:アクション・デザイン代表)

        私は歌手の小田和正さんの40年来のファンである。 先日コンサートに行ったとき、会場には1万人以上の観衆がいたが、私は彼のコンサートに行くたびにこう感じる。 「小田さんは私のために歌ってくれている」 一つ一つの言葉が、自分の心にすっと入って響き渡り、胸が熱くなる。 拙著『両利きの組織をつくる』(英治出版)では、AGC島村琢哉CEO(現会長)の次の言葉を紹介した。 「リーダーは人の心に火を灯す」 経営トップの決定的に重要な役割は、会社のビジョンや戦略を〈自分の言葉で〉

        スキ
        10
        • 『THE HEART OF BUSINESS』日本語版序文(平井一夫:ソニーグループ シニアアドバイザー、一般社団法人プロジェクト希望 代表理事)

          人の書いた本にこんなに共感を覚えたことはなかった。 友人であるユベールから本書を読んでほしいと頼まれページをめくると、私との共通点が多いことに驚いた。会話のキャッチボールを通じて、ユベールと私は考えていることが似ていると思うことがあったが、経営哲学の多くを共有しているという確信に変わった。 経歴としては、二人ともゲーム業界のキャリアがあり、同じ2012年にCEOの職に就き(ユベールはベスト・バイ、私はソニー)、CEO退任後は会長を1年務めたのち、今はお互い次の夢に向かって

          スキ
          13
          • 教育のラストワンマイル──なぜいま「話す力」は重要なのか(『すべての子どもに「話す力」を』第2章公開)

            言い出しっぺのプレゼンで世の中は変えられる2011年3月11日。東日本大震災で発生した津波が迫るなか、当日登校していた小中学生が一人も命を落とさなかった岩手県釜石市。その奇跡を起こしたのはプレゼンの力でした。 そのプレゼンをしたのは、群馬大学名誉教授であり、工学者で防災研究家の片田敏孝氏です。彼は2004年に22万人もの犠牲者が出たスマトラ島沖地震の調査をするなかで、日本には避難勧告を出しても避難しない人たちが多数いることが心配になり、縁のあった釜石市で活動を始めました。

            スキ
            9

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 連載:「好き」を言語化しよう

            • 18本

            道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

          • 学習する組織×セルフマネジメント

            • 1本

            日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法を提供し、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。一方で、本や講演で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。 そこで私たちは、「本と実践をいかにつなげるか?」「どうすればこの場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらせるか?」「新しいことを継続するには何が大切か?」こうした問いに答えるべく、「学習する組織×セルフマネジメント」全5回プログラムを企画しました。 本マガジンでは、プログラムのファシリテーターや企画者の思い、参加者の声などをご紹介します。

          • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

            • 6本

            近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

          • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

            • 5本

            火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

          • 村瀬俊朗 連載「チームで新しい発想は生まれるか」

            • 17本

            新しいものを生みだすことを誰もが求められる時代。個人ではなくチームでクリエイティビティを発揮するには何が必要なのか? 凡庸なチームと創造的なチームはどう違うのか? 多様な意見やアイデアを価値に変えるための原則はなにか? チームワークのメカニズムを日米で10年以上にわたり研究してきた著者が、チームの創造性に迫る。

          • 場から未来を描き出す

            • 4本

            言葉だけでなく「描く」ことで、対話を深める実践について説いた『場から未来を描き出す』。本書を起点に、多様な視点から場づくりや表現について考える。

          • Teal Impact

            • 16本

            『ティール組織』発売から2年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか? 多角的な視点から、「日本の組織と社会のこれから」を探求する。

          • Next Stage Organizations

            • 16本

            ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

          • 『ティール組織』私はこう読んだ。

            • 12本

            『ティール組織』を各界のリーダーや研究者はどう読んだか。多様な視点から組織や社会の進化を考える。

          • 厨勝義「三陸せっけん物語」

            • 9本

            震災をきっかけにこれまで無縁だった東北に移住し、まったくの未経験から三陸石鹸工房KURIYAを立ち上げた著者による、「せっけんで、世界をせっけんする」挑戦記。

          • 連載:「好き」を言語化しよう

            • 18本

            道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

          • 学習する組織×セルフマネジメント

            • 1本

            日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法を提供し、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。一方で、本や講演で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。 そこで私たちは、「本と実践をいかにつなげるか?」「どうすればこの場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらせるか?」「新しいことを継続するには何が大切か?」こうした問いに答えるべく、「学習する組織×セルフマネジメント」全5回プログラムを企画しました。 本マガジンでは、プログラムのファシリテーターや企画者の思い、参加者の声などをご紹介します。

          • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

            • 6本

            近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

          • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

            • 5本

            火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

          • 村瀬俊朗 連載「チームで新しい発想は生まれるか」

            • 17本

            新しいものを生みだすことを誰もが求められる時代。個人ではなくチームでクリエイティビティを発揮するには何が必要なのか? 凡庸なチームと創造的なチームはどう違うのか? 多様な意見やアイデアを価値に変えるための原則はなにか? チームワークのメカニズムを日米で10年以上にわたり研究してきた著者が、チームの創造性に迫る。

          • 場から未来を描き出す

            • 4本

            言葉だけでなく「描く」ことで、対話を深める実践について説いた『場から未来を描き出す』。本書を起点に、多様な視点から場づくりや表現について考える。

          • Teal Impact

            • 16本

            『ティール組織』発売から2年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか? 多角的な視点から、「日本の組織と社会のこれから」を探求する。

          • Next Stage Organizations

            • 16本

            ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

          • 『ティール組織』私はこう読んだ。

            • 12本

            『ティール組織』を各界のリーダーや研究者はどう読んだか。多様な視点から組織や社会の進化を考える。

          • 厨勝義「三陸せっけん物語」

            • 9本

            震災をきっかけにこれまで無縁だった東北に移住し、まったくの未経験から三陸石鹸工房KURIYAを立ち上げた著者による、「せっけんで、世界をせっけんする」挑戦記。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • どんな子でも、話せるようになる(『すべての子どもに「話す力」を』第1章公開)

              意見を言えない子どもたち私は外国人投資家のプレゼンに同行する仕事をしながら、2014年から一般社団法人アルバ・エデュという、子どもの「話す力」を高める団体を運営しています。幼稚園から大学まで、各世代の教育現場で教員研修やモデル授業をおこなったり、教材を提供したり、オンラインを含む公募のワークショップを開催したりしています。2022年2月時点で、4万人以上の子どもたちに授業を届けてきました。 そのなかで、いろいろなタイプの「話せない」子たちに出会ってきました。 人前に出ると

              スキ
              20
              • 『すべての子どもに「話す力」を』はじめに公開

                私は話せない子でした。 母が骨髄炎で入退院を繰り返していたので、幼稚園のあいだも祖母や親せきの家に預けられ、苦手な食べ物を苦手と言い出せず、「明日はどこに行くのだろうか?」と毎日おびえて過ごしていました。 父の仕事の関係で、幼稚園の最終年から小学3年生まで海外にいました。英語がしゃべれないのに現地校に入ったので、トイレに行くにもなんて言ったらよいかわからない。白人だけのクラスに有色人種は私ひとり。お弁当を見ては「臭い」と言われ、髪の毛が黒いことで何度もいじめられました。当

                スキ
                22
                • 【未来型読書×グループコーチング】新企画Read&Practiceについて、話をしました。

                  イベントのお申し込みはこちら↓ 本による理論×コーチングによる実践サポート 安村:まずはこのプログラムのきっかけから話しましょうか。 英治出版では、本の出版にとどまらず、本にある叡智の実践をサポートできるといいよねという話を、ここ何年かよくしていて、そんなときに竹田さんに声をかけていただいたんですよね。  竹田:はい、エグゼクティブコーチングを普段しているのですが、クライアントからおすすめの本を聞かれて、紹介することがよくあるんです。英治出版の本をすすめることもあります

                  スキ
                  23
                  • 「学習する組織×セルフマネジメント」ファシリテーター対談(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

                    企画のきっかけ わたしのマネジメント、システムのマネジメント 稲墻さん:福谷さんとの出会いは、2年前に、ジェレミー(※)の1日リトリートに参加してくれたのがきっかけでしたね。 それ以来ジェレミーと私と福谷さんの3人で話す機会が何度かあり、こんなことが話題になりました。 自分自身をマネジメントすることで他者との関係性を変えていく「セルフマネジメント」はもちろん大切(人と人)。でも、その先にあるチームや組織のマネジメントも忘れちゃいけない(システム)。ドラッカー・スクールでは

                    スキ
                    25
                    • 「学習する組織×セルフマネジメント」社内体験会参加者インタビュー(英治出版・平野貴裕)

                      「心理的安全性がある」ってこういうことかもしれない 田中:平野さん、社内体験会に参加していただき、ありがとうございました。同僚の私からすると、いつも冷静沈着な平野さんが、この体験会ではかなり前のめりで、ファシリテーターの福谷さんや稲墻さん、他の参加メンバーに色んな「問いかけ」や「突っ込み」を連発されていた姿がかなり印象的でした。 平野さんをそうさせたものは何だったのでしょう。そのときの心境を詳しく教えていただけますか? 平野:率直に言って、とても楽しかったんです。本当に。

                      スキ
                      18
                      • 「聴き合う」関係でキャリアも家庭も成功させる(『デュアルキャリア・カップル』日本語版序文・篠田真貴子)

                        10年近く前のことだ。かつて職場を共にした先輩からランチに誘われた。先輩とはSNSでつながってはいるが、私がその職場を離れてから長らく会っていなかった。久しぶりの再会で、先輩は最近再婚したと話してくれた。お相手はキャリア志向の女性で、それが良かったから結婚したんだ、と。 「でもさ、家庭運営をどうしたらいいか、オレ全然分からないんだよ。前の奥さんは専業主婦だったから、勝手が違いすぎる。篠田さんちはどうしているのか、聞きたかったんだよね」 私は結婚や出産などのライフイベントに

                        スキ
                        71
                        • 『デュアルキャリア・カップル』1章(一部)を公開します。

                          3つの転換期わたしが気づいたところでは、デュアルキャリア・カップルは、カップルになってから退職するまでに3つの大きな転換期を経験する。 そしてそれぞれの転換期で、これまでとは別の疑問、異なる心配事、新たな関係に直面することになる。関係の根本にある二人の心理や社会からの圧力に、転換期のたびに向き合わねばならない。転換期に後押しされてより深いレベルで二人の関係や人生と向き合い、同時に以前の転換期のときの合意を再確認することになる。 最初の転換期では、それぞれに独立した仕事と生

                          スキ
                          34
                          • 『集まる場所が必要だ』の序章「社会的インフラが命を救う」(冒頭一部)を公開します。

                            1995年7月12日、高温多湿の熱帯気団がシカゴに居座り、まるでジャカルタかクアラルンプールのような蒸し暑さになった。翌13日の気温は41度。暑さ指数(体感温度)は52度に達した。地元の新聞やテレビ局は、熱波の危険性を報じたが、ことの重大性はわかっていなかった。 基本的な注意喚起と気象情報のすぐあとで、「湿気で服がヨレヨレになったり、メイクが崩れたりするのを防ぐ方法」とか、「賢いエアコンの選び方」など、のんきな情報を流していた。「願ってもない天気だ」と、ある家電品店の広報担

                            スキ
                            16
                            • 心理的安全性の基本をできるだけわかりやすく。マンガ「心理的安全性の一丁目一番地」を公開します。

                              ©︎ 桜山トン吉/コルク ©︎ ワタベヒツジ/コルク 

                              スキ
                              57
                              • チームが一体となって動くための「共有認知モデル」(村瀬俊朗:早稲田大学准教授)

                                チームが一体となって動くとは、どういうことだろう。 私は普段スポーツをほとんど観戦しないが、たまたまサッカー日本代表の記事を目にし、「チームが一体に動くこと」がいかに結果に直結するかを再認識させられた。 「やっぱりサッカーを知らなすぎるというか。僕らが。」(1)。これは、東京五輪男子サッカー3位決定戦のメキシコ戦で敗れた際の田中碧選手の言葉だ。なぜこのようなことを口にしたのか。田中選手によると、1対1の局面において日本の選手が劣っていたわけではないが、2対2、3対3となるに

                                スキ
                                39
                                • DX人材は本当にいないのか?─『DX×3P経営』「はじめに」全文公開

                                  2022年1月11日発売の『日本企業のポテンシャルを解き放つ――DX×3P経営』(福原正大著)の「はじめに」を公開!「DX」という言葉が日々登場するなかで、これまでの議論の中でも語られていない「空白地帯」とは? 3P(Philosophy・People・Process)のフレームワークをもとに全社をあげた「DXに強い人と組織づくり」の方向性を示す本書への思いが綴られます。 『DX×3P経営』「はじめに」日本企業は、このままGAFAに圧倒され続ける存在なのだろうか? 決してそ

                                  スキ
                                  20
                                  • 文明の危機に、私たちは何をするのか──『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開(5)

                                      すべてうまくいくと信じているわけではないので、   私は楽観主義者ではない。   かと言って、すべてがうまくいかないと思うわけでもないので   悲観主義者でもない。   ただ私は希望を持っている。希望のないところに進歩はない。   希望は人生そのものと同じくらい重要である。   ──ヴァーツラフ・ハヴェル(チェコ共和国初代大統領) エネルギー問題における最重要課題人類によるエネルギー利用がもたらす様々な問題のなかで、今、最も強い問題意識を持って取り組まなければならないも

                                    スキ
                                    15