英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画…

英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

マガジン

  • 学習する組織×セルフマネジメント

    日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法が示され、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。 しかし『学習する組織』の読者からこんな声が多く聞かれました。 「本の内容を実践しようと思っても、まず何をすれば良いかわからない」 「学習する組織を試してみたが、チームの中で浮いてしまい、うまく進められない」 本で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。そこで私たちは、 ・読書と実践をつなげる ・この場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらす ・新しく学んだことをその場限りではなく、継続する これらをともに考え、行動する場とコミュニティ「学習する組織×セルフマネジメント」を企画しました。

  • 連載:「好き」を言語化しよう

    道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

  • Next Stage Organizations

    ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

  • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

    近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

  • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

    火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

リンク

最近の記事

起業家たちの物語と分析の枠組みから、あなたに何が見えるだろう?──『ニューリテール進化論』監訳者による序文公開

「なぜ、中国の小売革命の本なんて読まなくちゃいけないのだろう?」 この問いは、 「なぜ、私は、この本を日本の読者に届けたいと思ったのか?」 という問いに隣接している。 そして、その答えは、三つの考えと一つの願いから成り立つ。 私は、日本の読者にとって、この本が「必要で」「面白く」「役に立つ」と考えた。 そして私は、あなたやあなたの組織に、変革を起こしてほしい、と願っている。この本の「物語」や「枠組み」を生かして。 では、これからその考えと願いについて、記していこう。

    • 「自己検閲」をはずして、書く喜びを取り戻そう──『自分の「声」で書く技術』監訳者まえがき公開

      自身の内なる「声」を書こう自分の気持ちや考えが、自分でもつかめない。言葉にならない。 でも伝えたい、何よりも自分で触って、知ってみたい。 そんなあなたに届いてほしい本書は、万人から100点をもらうための文章を目指すものではありません。あなたが届けたいメッセージをともに探し当て、届けたい相手に届く文章を書くための、力強くあたたかい支えとなる本です。 英語圏における古典的名著でありながら、現在においてもラディカルな本書の目次をご覧ください。ぱらぱらとめくってみるだけでも「実

      • 思いやりを、行動に──『孤独の本質 つながりの力』一部公開⑦

        子供たちが社会的・感情的スキルを伸ばしていくことも重要だが、社会的なつながりを育む次のステップは、積極的な思いやり、つまり「奉仕」をおこなうことだ。 子供たちに他者への思いやりを持てと伝えるだけでは十分ではない。自分という存在は周りや社会にとって本当に大切な存在だと感じながら育つためには、助けを得たり与えたりすることを学ぶ必要があり、それによって、自分は世界に意味ある変化をもたらせるのだと知ることができる。 そのことをジャスティン・パーメンターが深く理解したのは、2018

        • 『AIファースト・カンパニー』監訳者解説を全文公開!

          本書は、Competing in the age of AI : strategy and leadership when algorithms and networks run the world(Marco Iansiti, Karim Lakhani)の全訳である。 AI(人工知能)が我々の社会に広く浸透してきている現在、そしてさらなる発展・拡大が予想される未来において、社会や顧客が求める価値を生みだし、競争力を持って発展できる企業・組織はどのようなものか。 本書

        起業家たちの物語と分析の枠組みから、あなたに何が見えるだろう?──『ニューリテール進化論』監訳者による序文公開

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 学習する組織×セルフマネジメント
          英治出版オンライン
        • 連載:「好き」を言語化しよう
          英治出版オンライン
        • Next Stage Organizations
          英治出版オンライン
        • なぜ「心理的安全性」が必要なのか
          英治出版オンライン
        • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開
          英治出版オンライン
        • 村瀬俊朗 連載「チームで新しい発想は生まれるか」
          英治出版オンライン

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          神経科学から見る「奉仕」の効果──『孤独の本質 つながりの力』一部公開⑥

          最近の研究者たちは、この点について神経科学的な観点からアプローチしている。そのひとりがスティーブ・コール博士[1]だ。奉仕は目的およびやりがいと結びついており、これら3つはどれも社会的なつながりにおいて重要な役割を果たしているとコールは言う。 しかし特に、孤独のトラウマを癒やすにあたっては奉仕が大きなカギとなるかもしれない。 結局のところ、孤独感から生じる強い警戒状態は自己中心的な現象だとコールは指摘する。孤独感を強く抱いた人は、脅威を感じるあまり自分の心の安全ばかりを気

          神経科学から見る「奉仕」の効果──『孤独の本質 つながりの力』一部公開⑥

          ずっとオンライン──『孤独の本質 つながりの力』一部公開⑤

          初めてフェイスブック、ツイッター、インスタグラムに登録したとき、友人たちとのつながりを保ち、コミュニティ内の会話に参加できる素晴らしい手段だと思った。最初のころは、長らく連絡をとっていないクラスメートや友人たちをフェイスブックで見つけ、笑顔でこちらに微笑みかける写真のなかの顔を眺めて幸せな気分に浸っていたのを覚えている。 しかし、多くの友人たちとオンラインでつながれるのは素晴らしいことだったが、私が望んでいたような充実した会話があるわけではないことも分かった。それどころか、

          ずっとオンライン──『孤独の本質 つながりの力』一部公開⑤

          孤独のパラドックス──『孤独の本質 つながりの力』一部公開④

          孤独が健康にこれほどの悪影響を及ぼすのだとしたら、社会的な孤立の兆しを察知した瞬間に、あらゆる手を尽くして人とつながろうとするのが理にかなった行動のように思える。そして多くの場合、まさにそうした行動がとられている。 生物学上のプロセスが設計どおりに機能しているとすれば、孤独の兆しを察知して不安を感じたとき、「味方」を見つけようという動機が生まれる。母に会うため実家に帰ったり。配偶者にハグをしたり。隣人に手を貸したり、古くからの友人に電話をしたり。 信頼できる人を見つけてつ

          孤独のパラドックス──『孤独の本質 つながりの力』一部公開④

          生死に関わる問題──『孤独の本質 つながりの力』一部公開③

          ジュリアン・ホルト・ランスタッド博士は、ミネソタ州セントポールで生まれ育つなかで社会的なつながりが持つ力を学んだ。子供6人のうち4番目に生まれた彼女の家は、勤勉と絆の強さを誇りにしていた。父の4人の兄弟姉妹もそれぞれ大家族を作っていたため、いとこ、おば、おじがたくさんいて、毎年1週間を全員で過ごすのが習慣となっていた。この習慣は、家族の大切さを強く信じている彼女の祖父母が推奨したものだった。 「子供のころは、いつも周りに家族がいたし、だいたい家族がいちばんの友人だった」とジ

          生死に関わる問題──『孤独の本質 つながりの力』一部公開③

          孤独にまつわる調査──『孤独の本質 つながりの力』一部公開②

          ヘンリー・J・カイザー・ファミリー財団が出した2018年の報告書によれば、アメリカの全成人のうち22パーセントが、ときおり、あるいは常に孤独や社会的な孤立を感じているという[1]。数にすると5500万人以上ということになる──成人喫煙者数よりもはるかに多く、糖尿病患者数の倍に近い。 しっかりと検証された「UCLA孤独感尺度」を用いたAARP(全米退職者協会)の2018年の調査によると、アメリカの45歳以上の3人に1人が孤独であると判定された[2]。そして医療保険会社シグナが

          孤独にまつわる調査──『孤独の本質 つながりの力』一部公開②

          誰かの真似ではなく、夫婦でオリジナルな関係性を築きたい──(『デュアルキャリア・カップル』担当編集インタビュー)

          安村:英治出版を一時退職し、夫の海外駐在に帯同するかたちで、今年の年始からベトナムで暮らしはじめました。職業欄に書くステータスは専業主婦です。大学を卒業してから、キャリアが途切れたことがほぼなかったので、入国審査の紙にはじめて書くときは、なんだか戸惑いました。 私の住むホーチミンは日本人駐在員がとても多い街で、私たちと同じ30代の夫婦にもよく会います。 他にも起業していたり、飲食店を経営していたり、現地採用で働いていたりと、いろんな日本の方がいます。 『デュアルキャリア・

          誰かの真似ではなく、夫婦でオリジナルな関係性を築きたい──(『デュアルキャリア・カップル』担当編集インタビュー)

          依存症、暴力、うつ──多くの問題をつなぐ黒い糸:『孤独の本質 つながりの力』はじめに公開

          2014年12月15日、第19代アメリカ公衆衛生局長官としての任期が始まった。 「国家の医者」として私が中心的に取り組んでいくことになるのは、肥満、喫煙関連疾患、メンタルヘルス、ワクチンで予防可能な疾患といった問題になるだろうと考えていた。10ヶ月ほど前に開かれた上院での公聴会でもそのように答えたうえ、それらが注力すべき重要な問題であることを示すデータも豊富にあった。 しかし公衆衛生局長官という職は、国民の健康を守り、促進し、増進するために連邦政府で働く、軍服を着た600

          依存症、暴力、うつ──多くの問題をつなぐ黒い糸:『孤独の本質 つながりの力』はじめに公開

          「個人の頑張り」や「運」で終わらせない。女性が〈普通に〉リーダーシップを発揮する組織になるために:篠田真貴子(エール株式会社取締役)

          20年先を行くアメリカに、「日本も」と希望を持った──『ガラスの天井を破る戦略人事』を読んで、どんな感想を持たれましたか。 アメリカの話であっても、共感できる部分がたくさんあるものだと感じました。ジェンダーバランスという意味では、アメリカは日本のかなり先を行っています。それでも、「これ、日本で私も経験あります」とか「見たことあります」というエピソードのオンパレードでした。 後半は、「これは女性だけの問題ではなく、みんなの課題なんだ」とジェンダー平等を推進する男性たちの事

          「個人の頑張り」や「運」で終わらせない。女性が〈普通に〉リーダーシップを発揮する組織になるために:篠田真貴子(エール株式会社取締役)

          AIを迅速に実装できる構造とプロセスとは:『AIファースト・カンパニー』より「序章――衝突する世界」一部公開(2)

          変革をジャンプスタートさせる「古い企業が本当に自ら変革できるのか」とよく聞かれるが、ついにこの問いの答えが見つかったことは間違いない。コロナ対応における緊急性は、あらゆる業界ですでに企業をつくり替えてきた。医療分野を含むあらゆる業界で、一見凝り固まった伝統的な企業の多くが、自分たちも変革できること、しかも、迅速かつ即座に変革できることを発見してきた。以下がその例だ。 インターネットを駆使する ソーシャルディスタンスで仕事の性質が変容するにつれて、インターネットの利用と帯域

          AIを迅速に実装できる構造とプロセスとは:『AIファースト・カンパニー』より「序章――衝突する世界」一部公開(2)

          AI時代の指数関数的な脅威に立ち向かう:『AIファースト・カンパニー』より「序章――衝突する世界」一部公開(1)

          本書では、これまでとは異なるタイプの組織の出現によってAI(人工知能)時代を定義する。それは、デジタル・ネットワーク、アナリティクス、AIで形成されたビジネス環境のために構築された組織であり、際立ったオペレーティング・アーキテクチャ(運用構造/体制)が最大の特徴だ。 水平に結びつき、統合型データ基盤を用いて、AI搭載アプリケーションを迅速に展開し、規模(スケール)、範囲(スコープ)、学習(ラーニング)において飛躍的に成長できるように設計されている。 このアーキテクチャは伝

          AI時代の指数関数的な脅威に立ち向かう:『AIファースト・カンパニー』より「序章――衝突する世界」一部公開(1)

          10/11(水)著者アダム・カヘン氏登壇!『それでも、対話をはじめよう』刊行記念イベント

          『それでも、対話をはじめよう』の復刊を記念し、著者アダム・カヘン氏、日本語版翻訳・解説の小田理一郎氏登壇のオンラインイベントを開催します。 本書が最初に出版されてから20年ほど経ち、日本企業の間でも1on1が広がるなど、「聞くこと」の実践がさまざまな組織で行われています。 しかしその一方、異なる意見を持つ人との対立や行き詰まりは、ますます解決が困難になってきているのではないでしょうか。 そんな状況の中でも、行き詰まりを乗り越え、新しい未来をつくるために、本書で語られる「オー

          10/11(水)著者アダム・カヘン氏登壇!『それでも、対話をはじめよう』刊行記念イベント

          「私」から「私たち」へ。家庭や社会から職場のジェンダー規範を変える:国保祥子(静岡県立大学経営情報学部准教授)

          ──『ガラスの天井を破る戦略人事』のご感想をお聞かせください。 この分野における研究の知見が網羅的に、実務家の方に分かりやすく書かれており、この領域の最新の研究成果を広く世の中に伝えるという意味で、すごく意義のある本だと感じました。 特に一般の方にとって新しくて有益だと思うのが、女性が入社して数年の時期からだんだんキャリアアップして取締役レベルまで行く間の、各段階での問題が提示されている点です。 日本で女性のキャリアの問題を議論するときは、課長になるかどうかの時期に主

          「私」から「私たち」へ。家庭や社会から職場のジェンダー規範を変える:国保祥子(静岡県立大学経営情報学部准教授)