英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。
    • なぜ「心理的安全性」が必要なのか
      なぜ「心理的安全性」が必要なのか
      • 1本

      近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

    • 場から未来を描き出す
      場から未来を描き出す
      • 4本

      言葉だけでなく「描く」ことで、対話を深める実践について説いた『場から未来を描き出す』。本書を起点に、多様な視点から場づくりや表現について考える。

    • Teal Impact
      Teal Impact
      • 16本

      『ティール組織』発売から2年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか? 多角的な視点から、「日本の組織と社会のこれから」を探求する。

    • Next Stage Organizations
      Next Stage Organizations
      • 16本

      ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

    • 『ティール組織』私はこう読んだ。
      『ティール組織』私はこう読んだ。
      • 12本

      『ティール組織』を各界のリーダーや研究者はどう読んだか。多様な視点から組織や社会の進化を考える。

    • すべてのマガジンを表示

『恐れのない組織』の「はじめに」を全文公開します。

近年、ビジネスや組織論の文脈で注目を集める「心理的安全性」。このコンセプトの提唱者であり、『チームが機能するとはどういうことか』の著者でもあるエイミー・C・エド…

『未来を実装する』の「はじめに」を全文公開します。

1月24日発売の『未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則 』。電子署名、遠隔医療、市の見守りカメラ、マネーフォワード、Uber、Airbnbなど……世に広が…

アートのちから:長期入院の子どもへ届けたい、夢中になれる時間(松本恵里:スマイリングホスピタルジャパン)

プロのアーティストとともに小児病棟を訪問し、子どもたちへアートを通して夢中になれる時間を届けている、認定NPO法人スマイリングホスピタルジャパン(SHJ)。英治出版は…

みんなの笑顔が花開く場づくりをめざして──言葉だけではない場づくりを考える会(田中三枝:英治出版プロデューサー/ABDファ…

2020年9月に出版した『場から未来を描き出す──対話を育む「スクライビング」5つの実践』。言葉だけでなく、「描く」ことで、対話を深める実践について説いた本です。 英…

〈語られたがっていること〉ってなんだ?──言葉だけではない場づくりを考える会(しみずみえ:こども×おとな×しごとプロジェ…

2020年9月に出版した『場から未来を描き出す──対話を育む「スクライビング」5つの実践 』。言葉だけでなく、「描く」ことで、対話を深める実践について説いた本です。 英…

ほしい未来をみんなで創る――『コミュニティ・オーガナイジング』第1章を公開します

人々のパワーを集めて政治・地域・組織を変える、草の根変革メソッドの入門書『コミュニティ・オーガナイジング──ほしい未来をみんなで創る5つのステップ』(鎌田華乃子…