英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

    マガジン

    • 学習する組織×セルフマネジメント

      日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法を提供し、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。一方で、本や講演で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。 そこで私たちは、「本と実践をいかにつなげるか?」「どうすればこの場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらせるか?」「新しいことを継続するには何が大切か?」こうした問いに答えるべく、「学習する組織×セルフマネジメント」全5回プログラムを企画しました。 本マガジンでは、プログラムのファシリテーターや企画者の思い、参加者の声などをご紹介します。

    • 連載:「好き」を言語化しよう

      道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

    • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

      近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

    • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

      火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

    • 村瀬俊朗 連載「チームで新しい発想は生まれるか」

      新しいものを生みだすことを誰もが求められる時代。個人ではなくチームでクリエイティビティを発揮するには何が必要なのか? 凡庸なチームと創造的なチームはどう違うのか? 多様な意見やアイデアを価値に変えるための原則はなにか? チームワークのメカニズムを日米で10年以上にわたり研究してきた著者が、チームの創造性に迫る。

    リンク

    記事一覧

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』一部公開: 序文──なぜ?

    マンハッタンにあるレストラン《ボンド45》で、ロイターの同僚でもある友人セイダと夕食をともにしていたときのこと。パリが憧れだと言う相手に向かって、私は、母方が先祖…

    あなたのアイデアの解像度を診断しよう──『解像度を上げる』本文一部公開

    新聞やテレビ、インターネットなどで流れてくるニュースや記事などを見て、疑問が湧くことはあるでしょうか。 もし「へえ、そうなんだ」と疑問を持たずに受け取っていると…

    曖昧な思考を明晰にする4つの視点──『解像度を上げる』本文一部公開

    解像度が高いとはどういうことか、もう少し詳しく見ていきましょう。 「健康になりたい」という人にアドバイスする場合を例にとって考えてみます。様々な選択肢が思い浮か…

    『解像度を上げる』「はじめに」全文公開

    「提案をつくってみたが、大事な何かが抜けている気がしていて、モヤモヤが晴れない」 「この人の話は地に足がついていなくて、ふわふわしている」 「言いたいことは分かる…

    「プログラムが終わった後が、本当の始まりなんですよね。」

    ビビビときてすぐに申し込みました。田中:吉野さん、今日はよろしくお願いします。プログラム中「のりさん」と呼んでいたので今日も、のりさんと呼ばせてください。 吉野…

    『PUBLIC DIGITAL(パブリック・デジタル)』監訳者序文(岩嵜博論・武蔵野美術大学クリエイティブイノベーション…

    公共サービスや行政関連の手続きと聞いてみなさんはどんなイメージを持つだろうか。政府、役所のすることは効率が悪く、届出などの手続きをするのが面倒で、扱いづらい。日…

    まず、大人が学び、変化しよう。子どもの「話す力」とインクルーシブな未来のために(木村泰子さん、竹内明日香さん対談イベント…

    『すべての子どもに「話す力」を──1人ひとりの未来をひらく「イイタイコト」の見つけ方』は、子どもたちの「話す力」を育むことの大切さ、そのために必要な社会・学校・…

    組織開発の真髄を、究極の臨場感で。(加藤雅則:アクション・デザイン代表)

    私は歌手の小田和正さんの40年来のファンである。 先日コンサートに行ったとき、会場には1万人以上の観衆がいたが、私は彼のコンサートに行くたびにこう感じる。 「小田…

    『THE HEART OF BUSINESS』日本語版序文(平井一夫:ソニーグループ シニアアドバイザー、一般社団法人プロジェクト希望 代表理…

    人の書いた本にこんなに共感を覚えたことはなかった。 友人であるユベールから本書を読んでほしいと頼まれページをめくると、私との共通点が多いことに驚いた。会話のキャ…

    教育のラストワンマイル──なぜいま「話す力」は重要なのか(『すべての子どもに「話す力」を』第2章公開)

    言い出しっぺのプレゼンで世の中は変えられる2011年3月11日。東日本大震災で発生した津波が迫るなか、当日登校していた小中学生が一人も命を落とさなかった岩手県釜石市。…

    どんな子でも、話せるようになる(『すべての子どもに「話す力」を』第1章公開)

    意見を言えない子どもたち私は外国人投資家のプレゼンに同行する仕事をしながら、2014年から一般社団法人アルバ・エデュという、子どもの「話す力」を高める団体を運営して…

    『すべての子どもに「話す力」を』はじめに公開

    私は話せない子でした。 母が骨髄炎で入退院を繰り返していたので、幼稚園のあいだも祖母や親せきの家に預けられ、苦手な食べ物を苦手と言い出せず、「明日はどこに行くの…

    【未来型読書×グループコーチング】新企画Read&Practiceについて、話をしました。

    イベントのお申し込みはこちら↓ 本による理論×コーチングによる実践サポート 安村:まずはこのプログラムのきっかけから話しましょうか。 英治出版では、本の出版にと…

    「学習する組織×セルフマネジメント」ファシリテーター対談(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

    企画のきっかけ わたしのマネジメント、システムのマネジメント 稲墻さん:福谷さんとの出会いは、2年前に、ジェレミー(※)の1日リトリートに参加してくれたのがきっか…

    「学習する組織×セルフマネジメント」社内体験会参加者インタビュー(英治出版・平野貴裕)

    「心理的安全性がある」ってこういうことかもしれない 田中:平野さん、社内体験会に参加していただき、ありがとうございました。同僚の私からすると、いつも冷静沈着な平…

    「聴き合う」関係でキャリアも家庭も成功させる(『デュアルキャリア・カップル』日本語版序文・篠田真貴子)

    10年近く前のことだ。かつて職場を共にした先輩からランチに誘われた。先輩とはSNSでつながってはいるが、私がその職場を離れてから長らく会っていなかった。久しぶりの再…

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』一部公開: 序文──なぜ?

    マンハッタンにあるレストラン《ボンド45》で、ロイターの同僚でもある友人セイダと夕食をともにしていたときのこと。パリが憧れだと言う相手に向かって、私は、母方が先祖代々パリ在住で、自分は生粋のパリっ子なのだと話していた。「ラッキーね」と友人は言った。「私なんて、自分の家族がどこの出身かまったく知らない。奴隷の家系だから。アメリカに来る前、先祖がどこに住んでいたのかわからないのよ」 それは私にとって、奴隷制を現実として認識した初めての出来事だった。12年も前の話だが、今でも当時

    あなたのアイデアの解像度を診断しよう──『解像度を上げる』本文一部公開

    新聞やテレビ、インターネットなどで流れてくるニュースや記事などを見て、疑問が湧くことはあるでしょうか。 もし「へえ、そうなんだ」と疑問を持たずに受け取っているとしたら、その領域についての解像度はまだ十分高くないのかもしれません。解像度が高い状態であれば、一つのニュースを見るだけで、「たしかにそのような面もあるけれど、もっと別の面からはこういう意見もあるよね」と他の角度からの見方を知っていたり、「ここは検討できていないんじゃないか」「ここは意図して省いたのかな?」といった、言

    曖昧な思考を明晰にする4つの視点──『解像度を上げる』本文一部公開

    解像度が高いとはどういうことか、もう少し詳しく見ていきましょう。 「健康になりたい」という人にアドバイスする場合を例にとって考えてみます。様々な選択肢が思い浮かびます。食事制限かもしれませんし、運動かもしれません。すでに病気にかかっていれば、治療が必要かもしれません。「健康になりたい」というのはあまりにも漠然とした要望のため、答えに窮します。そこでまずはその人に質問をして、現状把握することが必要でしょう。 話しているうちに、どうやらその人の言う「健康になりたい」というのは

    『解像度を上げる』「はじめに」全文公開

    「提案をつくってみたが、大事な何かが抜けている気がしていて、モヤモヤが晴れない」 「この人の話は地に足がついていなくて、ふわふわしている」 「言いたいことは分かるけれど、説得力が弱いように感じる」 仕事をする中で、こんな経験をしたことはないでしょうか。 議論の見通しが悪いときや、言説の内容が曖昧なとき、論点がはっきりとしないとき、物事を十分に理解できていないと感じたとき……。カメラのピントがあっていなかったり、視力の悪い人が眼鏡なしであたりを見ようとして、世界がぼやけて見え

    「プログラムが終わった後が、本当の始まりなんですよね。」

    ビビビときてすぐに申し込みました。田中:吉野さん、今日はよろしくお願いします。プログラム中「のりさん」と呼んでいたので今日も、のりさんと呼ばせてください。 吉野:はい! どうぞよろしくお願いします。 田中:まずは、「学習する組織×セルフマネジメント」参加のきっかけを教えてください。なにが突き動かしたのでしょう? 吉野:実は、ビビビときて、ほぼ即決だったんです。 たまたまフェイスブックを見ていたらプログラムの案内が流れてきて、「セルフマネジメントってよく聞くけど、自分のこ

    『PUBLIC DIGITAL(パブリック・デジタル)』監訳者序文(岩嵜博論・武蔵野美術大学クリエイティブイノベーション学科教授)

    公共サービスや行政関連の手続きと聞いてみなさんはどんなイメージを持つだろうか。政府、役所のすることは効率が悪く、届出などの手続きをするのが面倒で、扱いづらい。日本では政府・行政がしばしばこのようなイメージで語られるし、それに近い実態もあるだろう。しかし海外に目を向けると、各国で近年、公共領域のデジタル化が進んでいる。 いち早く行政のデジタル化に成功した国の一つがイギリスである。その成果を体現するのが本書の主題である政府組織、政府デジタルサービス(GDS:Government

    まず、大人が学び、変化しよう。子どもの「話す力」とインクルーシブな未来のために(木村泰子さん、竹内明日香さん対談イベントレポート)

    『すべての子どもに「話す力」を──1人ひとりの未来をひらく「イイタイコト」の見つけ方』は、子どもたちの「話す力」を育むことの大切さ、そのために必要な社会・学校・教室の変化、そして大人がなすべきことが綴られた本です。 本書の出版を記念し、著者の竹内明日香さんと、大阪市立大空小学校の初代校長・木村泰子さんによるオンライン対談イベントが行われました。 竹内さんは一般社団法人アルバ・エデュ代表理事として、「話す力」を育む授業を公教育の場に届ける活動を続けてこられました。授業を届け

    組織開発の真髄を、究極の臨場感で。(加藤雅則:アクション・デザイン代表)

    私は歌手の小田和正さんの40年来のファンである。 先日コンサートに行ったとき、会場には1万人以上の観衆がいたが、私は彼のコンサートに行くたびにこう感じる。 「小田さんは私のために歌ってくれている」 一つ一つの言葉が、自分の心にすっと入って響き渡り、胸が熱くなる。 拙著『両利きの組織をつくる』(英治出版)では、AGC島村琢哉CEO(現会長)の次の言葉を紹介した。 「リーダーは人の心に火を灯す」 経営トップの決定的に重要な役割は、会社のビジョンや戦略を〈自分の言葉で〉

    『THE HEART OF BUSINESS』日本語版序文(平井一夫:ソニーグループ シニアアドバイザー、一般社団法人プロジェクト希望 代表理事)

    人の書いた本にこんなに共感を覚えたことはなかった。 友人であるユベールから本書を読んでほしいと頼まれページをめくると、私との共通点が多いことに驚いた。会話のキャッチボールを通じて、ユベールと私は考えていることが似ていると思うことがあったが、経営哲学の多くを共有しているという確信に変わった。 経歴としては、二人ともゲーム業界のキャリアがあり、同じ2012年にCEOの職に就き(ユベールはベスト・バイ、私はソニー)、CEO退任後は会長を1年務めたのち、今はお互い次の夢に向かって

    教育のラストワンマイル──なぜいま「話す力」は重要なのか(『すべての子どもに「話す力」を』第2章公開)

    言い出しっぺのプレゼンで世の中は変えられる2011年3月11日。東日本大震災で発生した津波が迫るなか、当日登校していた小中学生が一人も命を落とさなかった岩手県釜石市。その奇跡を起こしたのはプレゼンの力でした。 そのプレゼンをしたのは、群馬大学名誉教授であり、工学者で防災研究家の片田敏孝氏です。彼は2004年に22万人もの犠牲者が出たスマトラ島沖地震の調査をするなかで、日本には避難勧告を出しても避難しない人たちが多数いることが心配になり、縁のあった釜石市で活動を始めました。

    どんな子でも、話せるようになる(『すべての子どもに「話す力」を』第1章公開)

    意見を言えない子どもたち私は外国人投資家のプレゼンに同行する仕事をしながら、2014年から一般社団法人アルバ・エデュという、子どもの「話す力」を高める団体を運営しています。幼稚園から大学まで、各世代の教育現場で教員研修やモデル授業をおこなったり、教材を提供したり、オンラインを含む公募のワークショップを開催したりしています。2022年2月時点で、4万人以上の子どもたちに授業を届けてきました。 そのなかで、いろいろなタイプの「話せない」子たちに出会ってきました。 人前に出ると

    『すべての子どもに「話す力」を』はじめに公開

    私は話せない子でした。 母が骨髄炎で入退院を繰り返していたので、幼稚園のあいだも祖母や親せきの家に預けられ、苦手な食べ物を苦手と言い出せず、「明日はどこに行くのだろうか?」と毎日おびえて過ごしていました。 父の仕事の関係で、幼稚園の最終年から小学3年生まで海外にいました。英語がしゃべれないのに現地校に入ったので、トイレに行くにもなんて言ったらよいかわからない。白人だけのクラスに有色人種は私ひとり。お弁当を見ては「臭い」と言われ、髪の毛が黒いことで何度もいじめられました。当

    【未来型読書×グループコーチング】新企画Read&Practiceについて、話をしました。

    イベントのお申し込みはこちら↓ 本による理論×コーチングによる実践サポート 安村:まずはこのプログラムのきっかけから話しましょうか。 英治出版では、本の出版にとどまらず、本にある叡智の実践をサポートできるといいよねという話を、ここ何年かよくしていて、そんなときに竹田さんに声をかけていただいたんですよね。  竹田:はい、エグゼクティブコーチングを普段しているのですが、クライアントからおすすめの本を聞かれて、紹介することがよくあるんです。英治出版の本をすすめることもあります

    「学習する組織×セルフマネジメント」ファシリテーター対談(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

    企画のきっかけ わたしのマネジメント、システムのマネジメント 稲墻さん:福谷さんとの出会いは、2年前に、ジェレミー(※)の1日リトリートに参加してくれたのがきっかけでしたね。 それ以来ジェレミーと私と福谷さんの3人で話す機会が何度かあり、こんなことが話題になりました。 自分自身をマネジメントすることで他者との関係性を変えていく「セルフマネジメント」はもちろん大切(人と人)。でも、その先にあるチームや組織のマネジメントも忘れちゃいけない(システム)。ドラッカー・スクールでは

    「学習する組織×セルフマネジメント」社内体験会参加者インタビュー(英治出版・平野貴裕)

    「心理的安全性がある」ってこういうことかもしれない 田中:平野さん、社内体験会に参加していただき、ありがとうございました。同僚の私からすると、いつも冷静沈着な平野さんが、この体験会ではかなり前のめりで、ファシリテーターの福谷さんや稲墻さん、他の参加メンバーに色んな「問いかけ」や「突っ込み」を連発されていた姿がかなり印象的でした。 平野さんをそうさせたものは何だったのでしょう。そのときの心境を詳しく教えていただけますか? 平野:率直に言って、とても楽しかったんです。本当に。

    「聴き合う」関係でキャリアも家庭も成功させる(『デュアルキャリア・カップル』日本語版序文・篠田真貴子)

    10年近く前のことだ。かつて職場を共にした先輩からランチに誘われた。先輩とはSNSでつながってはいるが、私がその職場を離れてから長らく会っていなかった。久しぶりの再会で、先輩は最近再婚したと話してくれた。お相手はキャリア志向の女性で、それが良かったから結婚したんだ、と。 「でもさ、家庭運営をどうしたらいいか、オレ全然分からないんだよ。前の奥さんは専業主婦だったから、勝手が違いすぎる。篠田さんちはどうしているのか、聞きたかったんだよね」 私は結婚や出産などのライフイベントに