英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画…

英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

マガジン

  • 学習する組織×セルフマネジメント

    日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法が示され、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。 しかし『学習する組織』の読者からこんな声が多く聞かれました。 「本の内容を実践しようと思っても、まず何をすれば良いかわからない」 「学習する組織を試してみたが、チームの中で浮いてしまい、うまく進められない」 本で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。そこで私たちは、 ・読書と実践をつなげる ・この場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらす ・新しく学んだことをその場限りではなく、継続する これらをともに考え、行動する場とコミュニティ「学習する組織×セルフマネジメント」を企画しました。

  • 連載:「好き」を言語化しよう

    道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

  • Next Stage Organizations

    ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

  • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

    近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

  • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

    火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

リンク

記事一覧

本当に相手のためになる支援とは?──『成長を支援するということ』監訳者序文全文公開

人が心から願うありたい姿に向かって成長し続けるために、私たちはどう支援すればよいのでしょうか? 本書はその効果的な方法を解き明かした理論とそれに基づく実践的なコ…

職場の儀式って、いったい何なんですか?──『「儀式」で職場が変わる』本文概要をイラスト付きで公開

2024年4月3日発売の『「儀式」で職場が変わる』(原題:Rituals for Work)は、個人、チーム、組織の働き方をデザインするちょっとヘンな50の儀式アイデアを紹介した書籍で…

「雑な関係性」にも価値がある──『孤独の本質 つながりの力』読書会@本屋lighthouseレポート

「灯台」のような書店で本屋lighthouseは、京成幕張駅から徒歩6分ほどのところにあります。そのはじまりは、店主の関口竜平さんが畑の中にご自身で建てたプレハブ小屋だっ…

”社員が主役!”英治出版とカヤックが挙げた日本初(?)「組織の結婚式」の舞台裏

2月29日、英治出版は面白法人カヤックの子会社となり、面白法人グループに仲間入りしました。 グループ参画にあたり、英治出版とカヤックで「組織の結婚式」を行いました…

学セってなんだ? 起業家、集団の励まし効果で早く寝る。

多忙極めてバーンアウト状態、何かを変えたい 稲墻さん:プログラムが終わってちょうど2か月ですね。お久しぶりです。 山田さん:あっという間ですね。ご無沙汰しています…

起業家たちの物語と分析の枠組みから、あなたに何が見えるだろう?──『ニューリテール進化論』監訳者による序文公開

「なぜ、中国の小売革命の本なんて読まなくちゃいけないのだろう?」 この問いは、 「なぜ、私は、この本を日本の読者に届けたいと思ったのか?」 という問いに隣接してい…

本当に相手のためになる支援とは?──『成長を支援するということ』監訳者序文全文公開

本当に相手のためになる支援とは?──『成長を支援するということ』監訳者序文全文公開

人が心から願うありたい姿に向かって成長し続けるために、私たちはどう支援すればよいのでしょうか?
本書はその効果的な方法を解き明かした理論とそれに基づく実践的なコーチング手法について書かれた本です。

私たちは普段、日本企業の組織変革の支援をしています。社会やテクノロジーの変化が激しく正解が見えない時代において、私たち一人ひとりが、これまで以上に、自分の人生の目的を見つめ、自ら方向性を見いだし常に成

もっとみる
職場の儀式って、いったい何なんですか?──『「儀式」で職場が変わる』本文概要をイラスト付きで公開

職場の儀式って、いったい何なんですか?──『「儀式」で職場が変わる』本文概要をイラスト付きで公開

2024年4月3日発売の『「儀式」で職場が変わる』(原題:Rituals for Work)は、個人、チーム、組織の働き方をデザインするちょっとヘンな50の儀式アイデアを紹介した書籍です。

本書は、スタンフォード大学dスクールでの「職場の儀式」の研究に基づいて執筆されたものです。昨今、ボトムアップで職場の文化を変革する一つのアプローチとして注目が集まっています。

トップダウンで示される社訓や企

もっとみる
「雑な関係性」にも価値がある──『孤独の本質 つながりの力』読書会@本屋lighthouseレポート

「雑な関係性」にも価値がある──『孤独の本質 つながりの力』読書会@本屋lighthouseレポート


「灯台」のような書店で本屋lighthouseは、京成幕張駅から徒歩6分ほどのところにあります。そのはじまりは、店主の関口竜平さんが畑の中にご自身で建てたプレハブ小屋だったという異色の書店です。

そんな光となりうる本をあつかい、「読み手と書き手をつなぐ灯台のような存在に」という小屋時代から変わらないテーマを掲げ続け、こだわりを持って選書をされています(想いの詳細はこちら)。

そんな関口さんが

もっとみる
”社員が主役!”英治出版とカヤックが挙げた日本初(?)「組織の結婚式」の舞台裏

”社員が主役!”英治出版とカヤックが挙げた日本初(?)「組織の結婚式」の舞台裏

2月29日、英治出版は面白法人カヤックの子会社となり、面白法人グループに仲間入りしました。

グループ参画にあたり、英治出版とカヤックで「組織の結婚式」を行いました。
このアイデアは、当社が4月3日に刊行する『「儀式」で職場が変わる──働き方をデザインするちょっとヘンな50のアイデア』(クルシャット・オゼンチ、マーガレット・ヘイガン著、齋藤慎子訳)で紹介されているものです。

英治出版とカヤックで

もっとみる
学セってなんだ? 起業家、集団の励まし効果で早く寝る。

学セってなんだ? 起業家、集団の励まし効果で早く寝る。

多忙極めてバーンアウト状態、何かを変えたい
稲墻さん:プログラムが終わってちょうど2か月ですね。お久しぶりです。

山田さん:あっという間ですね。ご無沙汰しています。

稲墻さん:ちょっとずつ学セでの学びや気づきを思い出していきましょうか。

山田さん:ああ…Day1とかDay2の頃は、心身ともにボロボロでした…。

稲墻さん:ジェット(注:山田さんの愛称)はとにかく自分でがんばる、率先して全力で

もっとみる
起業家たちの物語と分析の枠組みから、あなたに何が見えるだろう?──『ニューリテール進化論』監訳者による序文公開

起業家たちの物語と分析の枠組みから、あなたに何が見えるだろう?──『ニューリテール進化論』監訳者による序文公開

「なぜ、中国の小売革命の本なんて読まなくちゃいけないのだろう?」

この問いは、
「なぜ、私は、この本を日本の読者に届けたいと思ったのか?」
という問いに隣接している。

そして、その答えは、三つの考えと一つの願いから成り立つ。
私は、日本の読者にとって、この本が「必要で」「面白く」「役に立つ」と考えた。
そして私は、あなたやあなたの組織に、変革を起こしてほしい、と願っている。この本の「物語」や「

もっとみる