英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

英治出版オンライン

英治出版の書籍をより楽しむコンテンツ、よりよい未来をつくるアイデア、読者を応援する企画を発信します。

    マガジン

    • 連載:「好き」を言語化しよう

      道徳の教科化が始まり、「忖度」が流行語となる時代。善悪の判断や他人への配慮が問われる一方で、飛び抜けた活躍をする人たちはみな、自分自身の「好き」を表明し、徹底的に追い求めている。社会を動かすのは、正しさ以上に「好き」を原動力にしている人たちではないだろうか。 この連載では、国際舞台で戦う日本企業の発信を長年支援し、4年間で延べ1万5,000人以上の子どもたちに「話す力」を育む出前授業を行ってきた著者が、自らの「好き」を言語化する力の可能性を、プレゼンやチームづくりなどの様々な場面における効用を示しながら探る。

    • Next Stage Organizations

      ティール組織、ホラクラシー……いま新しい組織のあり方が注目を集めている。しかし、どれかひとつの「正解」があるわけではない。2人のフロントランナーが、業界や国境を越えて次世代型組織(Next Stage Organizations)を探究する旅に出る。

    • 学習する組織×セルフマネジメント

      日常生活やチーム、組織で起きる課題は、どれも複雑に絡み合った「システム的」なものばかりです。システム思考を基軸とする『学習する組織』は、自己・組織を変革する方法を提供し、英治出版のロングセラーとして多くの方々に支持されています。一方で、本や講演で知ったことを実践できない、という課題を持つ人は少なくありません。 そこで私たちは、「本と実践をいかにつなげるか?」「どうすればこの場に集った人たちの同僚や家族にもポジティブな変化をもたらせるか?」「新しいことを継続するには何が大切か?」こうした問いに答えるべく、「学習する組織×セルフマネジメント」全5回プログラムを企画しました。 本マガジンでは、プログラムのファシリテーターや企画者の思い、参加者の声などをご紹介します。

    • なぜ「心理的安全性」が必要なのか

      近年、ビジネスや組織論の文脈て注目されている「心理的安全性」。様々な誤解も生じているこのコンセプトの本質は何か、そして、これからの組織にとってなぜ必要なのかを考えます。

    • 『エネルギーをめぐる旅』本文一部公開

      火の利用から気候変動対策まで。エネルギーと人類の歴史をわかりやすく解説し、現代に生きる私たち皆にかかわる「エネルギー問題」の本質と未来への道筋を描いた『エネルギーをめぐる旅──文明の歴史と私たちの未来』(古舘恒介著)。出版以来大きな反響を呼んでいる本書の一部を公開します。第1部「エネルギーの視点から見た人類史」の第1〜3章、および第4部「旅の目的地」の第1章、計80ページ分を5回にわたって連載。読みごたえのある「旅」を、ぜひお楽しみください。

    リンク

    記事一覧

    「一人ひとりが対立を解決する力を持っている。」――『対立の炎にとどまる』訳者まえがき全文公開

    訳者まえがき 本書の原題であるSitting in the fireとは、「炎の中に座す」という意味です。 私たちが暮らす現代社会では、日常的な行き違いから国家どうしの争いにいたる…

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』訳者による解説的あとがき(山岡万里子)

    「現代奴隷」とは何か「奴隷」という言葉を聞いて、どんな光景を思い描くだろうか。 ぼろをまとい汗と泥にまみれた人々。手かせ足かせ、そして鎖。古代文明における戦争捕…

    「この国で、生きていても死んでいても居場所がないのは、同性愛者だけ」──『純粋な人間たち』第一章前編公開

    「あの動画観た? 一昨日から出回ってるやつ」 僕は快楽の余韻に身を任せて眠りこんでしまおうとしていた。そうはいかなかった。この地上ではいつだって慈悲に満ちた声が…

    「学習する組織×セルフマネジメント」第1期振り返り(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

    Q1 初のコラボ、どうだった? 稲墻さん:「学習する組織」と「セルフマネジメント」を同時に学べる場はこれまでありませんでした。もう1人のファシリテーターの福谷さんは…

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』一部公開: 序文──なぜ?

    マンハッタンにあるレストラン《ボンド45》で、ロイターの同僚でもある友人セイダと夕食をともにしていたときのこと。パリが憧れだと言う相手に向かって、私は、母方が先祖…

    「一人ひとりが対立を解決する力を持っている。」――『対立の炎にとどまる』訳者まえがき全文公開

    「一人ひとりが対立を解決する力を持っている。」――『対立の炎にとどまる』訳者まえがき全文公開

    訳者まえがき
    本書の原題であるSitting in the fireとは、「炎の中に座す」という意味です。

    私たちが暮らす現代社会では、日常的な行き違いから国家どうしの争いにいたるまで、さまざまな問題や対立が生じています。大小かかわらず対立が生じると、その炎を消したくなるのが人間の本能的な反応です。

    しかし、著者アーノルド・ミンデルはこの対立の炎こそ、問題を解決するために生じているエネルギーだ

    もっとみる
    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』訳者による解説的あとがき(山岡万里子)

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』訳者による解説的あとがき(山岡万里子)

    「現代奴隷」とは何か「奴隷」という言葉を聞いて、どんな光景を思い描くだろうか。

    ぼろをまとい汗と泥にまみれた人々。手かせ足かせ、そして鎖。古代文明における戦争捕虜、ローマのガレー船、あるいはアメリカ大陸に奴隷船で運ばれ、家畜のように働かされた黒人奴隷たち──いずれにせよ、心おどる想像ではないだろう。

    歴史の教科書では、たしか南北戦争の頃にリンカーン大統領が奴隷解放宣言を行って、人間はみな平等に

    もっとみる
    「この国で、生きていても死んでいても居場所がないのは、同性愛者だけ」──『純粋な人間たち』第一章前編公開

    「この国で、生きていても死んでいても居場所がないのは、同性愛者だけ」──『純粋な人間たち』第一章前編公開

    「あの動画観た? 一昨日から出回ってるやつ」

    僕は快楽の余韻に身を任せて眠りこんでしまおうとしていた。そうはいかなかった。この地上ではいつだって慈悲に満ちた声が最大の災厄をもたらしてくれる。そうして素面に戻されてしまう。
    声は執拗に、「携帯持ってる人ならみんな観てるんじゃないかってくらい。テレビでもどこかの局が流したんだって。すぐ中断されたらしいけど……」

    仕方ない。観念して僕は寝室に、汗ばん

    もっとみる
    「学習する組織×セルフマネジメント」第1期振り返り(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

    「学習する組織×セルフマネジメント」第1期振り返り(福谷彰鴻さん、稲墻聡一郎さん)

    Q1 初のコラボ、どうだった?
    稲墻さん:「学習する組織」と「セルフマネジメント」を同時に学べる場はこれまでありませんでした。もう1人のファシリテーターの福谷さんは、同じEIJI PRESS Baseのメンバーでもありよく知っている方ですが、こうしてプログラムをご一緒するのは初めてです。

    そのため、プロトタイプセッションを3回実施するなど、「第1期」が始まるまで実に1年以上準備してきました。振り

    もっとみる
    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』一部公開: 序文──なぜ?

    『現代の奴隷──身近にひそむ人身取引ビジネスの真実と私たちにできること』一部公開: 序文──なぜ?

    マンハッタンにあるレストラン《ボンド45》で、ロイターの同僚でもある友人セイダと夕食をともにしていたときのこと。パリが憧れだと言う相手に向かって、私は、母方が先祖代々パリ在住で、自分は生粋のパリっ子なのだと話していた。「ラッキーね」と友人は言った。「私なんて、自分の家族がどこの出身かまったく知らない。奴隷の家系だから。アメリカに来る前、先祖がどこに住んでいたのかわからないのよ」

    それは私にとって

    もっとみる