見出し画像

自分たちの存在目的を問う「哲学の時間」を持とう( 『ティール組織』推薦者 佐宗邦威さんインタビュー)

戦略デザインファーム「BIOTOPE」を率い、老舗から新興企業までさまざまな組織のイノベーション支援を手がける佐宗邦威さん。日本でティール組織の概念がほとんど知られていなかった2017年、ギリシャで行われたティール組織実践者たちのカンファレンス「Next-Stage World」に参加し、いち早くティール組織の可能性に気づいた方でもあります。今回は、『ティール組織』が日本の社会や佐宗さんの実践にどのような変化をもたらしたのか、今後どんな動きが予測されるのか、佐宗さんの眼に映る世界の今を語っていただきました。(聞き手:下田理・小竹貴子、執筆:やつづか えり、写真:下田理、カバー写真:Photo by Evan Dennis on Unsplash

画像1

日本社会における「ティール」は“新しい群れ方”の共通言語として広がった

―― 『ティール組織』発売から1年半経ちました。日本の社会に変化を感じますか?

佐宗:「オレンジ(達成型)」の仕組みの中で経済活動を効率的に回している仕組みが眼の前にありながら、裏側にはそれを下支えするネットワークや新しく生まれているコミュニティが併存し、少しずつオレンジ型組織を溶かしていっている。

そんな状況の中で、「ティール(進化型)」というのが、「ネットワーク社会によって自由になった人が、ネットワークとつながりながら自律性を持って集団でも動く群れ方」の共通言語として広がってきたんじゃないかな、と感じています。

僕のお客さんの中でも比較的先進的な考え方をされる感度の高いリーダーは、「課題はビジネス上の方法論でもないしテーマでもない。人と組織だ。いい人が集まり、いい作り方をすれば、いい結果になる」と気づいています。

「個人の自律性と創造性を最大に高める群れをつくる」という意味で、経営や人事に関わる方々がもともと関心を抱いていた、人の力を引き出す環境デザインやタレントマネジメントといったテーマとの接続が起こっています。

一方で、「若い人がやめてしまう」「そもそもなぜこの事業をやるのかと社員に問われて、どう答えればいいかわからない」と悩んでいる経営者の方もいます。

従来型の企業で多いと感じるんですが、そういう会社では、現場の人たちには『ティール組織』がすごく刺さっていて、「もっと意義を持って働きたい」「会社は本気で意義に向かっているようには思えない」といった声が聞こえてきます。

経営者も現場の人々も、双方の思いは近いのですが、考え方のギャップが大きいとも感じています。従来の組織構造の中でずっと働いてきた人と、インターネットが出てきて自由度が上がった世界で制約なく考えている人と、両者のギャップがものすごく顕在化してきた1年だったな、と思います。

画像2

佐宗邦威 Kunitake Saso
株式会社BIOTOPE CEO / Chief Strategic Designer
東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。P&G、ヒューマンバリュー社を経て、ソニー株式会社クリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。BtoC消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザイン、サービスデザインプロジェクトを得意としている。著書に、『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』(ダイヤモンド社)、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)がある。大学院大学至善館准教授。

―― これまでのパラダイムと新しい世界観の衝突が起きているけれど、実はどちらも同じ方向を向いているのかもしれないということですか?

佐宗:その可能性はありますが、経済合理性かパーパス(組織の存在目的)か、最後にどちらを優先するかというところで意思決定が変わってきちゃう。

もし誰かがパーパスに則ったアイデアを会社に提案しても、それを受けた上司や経営者が「俺はパ―パスが大事だと思ってるんだけど、(経済合理性を考えると)できないんだよね」となった瞬間に、どうしても価値観の衝突が起きてしまいます。

最終的には、公開企業だと株主の意思を考えて意思決定をする必要があるので、組織全体の意思決定を変えたいと願うなら、ガバナンスのあり方にまで踏み込まないと、大きな会社で本質的な変化を起こすのは難しいでしょうね。実際に、この本質をわかっている経営者は、一時的に無理に株価を上げようとせず、株主構成を見直すなどで対処しようとしています。

―― チーム単位では自律的にやっているけれど会社全体はそうでない、というダブルスタンダード問題がいろいろなところで起きていますね。

佐宗:経済学の世界では、資本主義的な価値だけでなくNPOやコミュニティなどが生み出す非営利的な価値も含めて経済社会を捉えようとするトークンエコノミーなどの動きもあります。尺度が複数あればダブルスタンダードの問題も起こらないんですよね。

ただ、複数の尺度があると複雑だから群れにくくなるという問題もある。多元主義的な形での群れ方をどうつくるか、という問いにつながります。

BIOTOPEでは、評価指標を多元化しながらOKRを導入しつつ、一人ひとりのゴール設定をお互いがどう支援し合えるかということを合宿で議論するような場を定期的につくっています。また、メンバーとの定期的な1-on-1の対話の場では、それまでを振り返りつつ、次のビジョンを議論しながら設定していっています。

多元主義的な群れ方をどうつくるか、という観点では、SDGsによって企業に新しい文脈が生まれています。というのは、SDGsは多様な観点で目標を掲げているため、企業は必然的に社会的インパクトのあるゴールを複数設定し、複雑性のある課題に対処せざるを得ないからです。

それまでは経済合理性というひとつの尺度しかなかった意思決定プロセスが、SDGsによってさまざまな尺度で意思決定するように組織が変わっていけば、企業の変化も促進されるのではないかと期待しています。

画像3

信頼のベースをつくるのに個々人の“栄養”に注目することが役に立つ

―― ご自身の会社の経営には、変化がありましたか?

佐宗:ティール組織というのは、マルクスの資本論のような一種のユートピアの提示だと思っているので、実践していくのは「道は長いなあ」という一言に尽きますね。

端的に言うと、リーダーはもちろん、メンバーの「柔らかさ・しなやかさ」を育んでいくこと大事ではないかと感じています。たとえば、個人の自律性や組織のパーパスは答えのないものですから、それを問うための場を常につくる。あるいは、対話で出てきた意見やその文脈に応じて、組織の形やアクションを少しずつ調整していく、といったことです。これらは、土壌のようなものだと思っています。

それと、『ティール組織』を読みながら、インフラでの下支えが大事だと感じていたので、最近は社内通貨のようなものを試しています。「感謝のコインを渡し合う」という単純な制度を導入してみたのですが、ある程度組織の土壌、つまり信頼のベースが整ったうえに、ティール的なルールを担保する仕組みやインフラを入れるというのはとても効果的だと実感しています。

―― ベースが整っていることが条件なんですね。

佐宗:信頼のベースができていない状態で自由度を上げると、空中分解してしまいますからね。

―― 信頼のベースをつくるために気をつけていることはありますか?

佐宗:この1年、定期的にオフサイトミーティングなどをやりながら、今会社で起きている事象を絵にして可視化する、それを見て自分たちの今を考える、というようなことをやっています。いわゆる「センスメイキング」、つまり、集団で複雑なものを見て、それに対する行動を見出していく場です。

その際、生態系について研究感度の高い小林泰竑が考えた「栄養の循環モデル」というフレームを使って議論しているのですが、これがかなり良かったんです。

栄養というのは個人のモチベーションを指すのですが、モチベーションを高める要素は知識を得ることであったり自分らしさや意志を表現できることであったり、人によって違いますよね。

まずは一人ひとりの栄養になるもの、栄養を奪う天敵のようなものは何かを洗い出します。そのうえで、全体の栄養が今どうなっているのか、栄養の循環を良くするには何をしたらいいか、ということを議論しています。

これをやると、個人を中心にしながら全体を良くするにはどうすればよいかについて、考えることができます。いきなり会社の方向性を話し合ったりするよりもはるかに効果的で、みんなが元気になるんです。

画像4

『ティール組織』への共感の背景にはコミュニティの不足感がある

―― 『ティール組織』が、海外と比較しても日本でよく読まれているのはなぜだと思いますか?

佐宗:日本ではコミュニティ価値が一番失われてきているからだ、という気がしますね。

僕が教えている至善館という社会人大学院の社会学の講義があって、「中国や韓国ではコミュニティがなくなった結果キリスト教徒が増えるが、日本はそうじゃない」、という議論を聞いてハッとしたんです。

日本には宗教コミュニティは薄く、戦後の日本人にとっては、会社が重要なコミュニティのひとつだったのですが、「働き方改革」は、会社が戦後モデルのコミュニティであるということを完全に終わらせよう、という宣言なのだと思います。

結果として社員は会社にいる時間が少なくなっていき、どのコミュニティに属せばいいかわからない状態になっていったのではないかと思うんです。それがコミュニティの不足感につながったのではないかと。

―― なるほど。

佐宗:社会学の講義の中で面白かったのが、昔の日本は縁側というものがあって、子どもが隣の家でご飯をごちそうになってくるようなことが起こっていたんですよね。

その後、高度経済成長期になると、仕事のために東京などの都会に移り住み、団地ができて核家族化した結果、一緒にご飯を食べるのは家族だけになった。そして1980年代になると、テレビが「一家に一台」から「一部屋に一台」に置かれるようになり、個人で過ごす時間が増えてくる。パーソナライゼーションなんて言葉が出てきましたよね。

今となっては、パーソナライゼーションが加速して、同じ空間にいてもそれぞれがスマホを見ていて、別の生活をしているわけです。

その延長で起きたのが、あらゆるものを全部サービス化するということです。お金を払って何かをしてもらうとき、それを誰がやってくれるのかは関係ない、誰でもいい、ということになったんです。

たとえば「一緒に食事をする」というコミュニティを象徴するものがなくなっていき、結果としてそこに自分がいる必要性のある活動というものがほとんどなくなった。それでも、誰かからそれなりの評価を得られている人はいいのですが、評価を得る機会がなくなると、自分に存在価値がないと感じられて不安が大きくなってしまうのです。

昔からあったコミュニティを取り戻そう、つまり、人間を人間として受け入れ、誰もがその場に必要とされ、何かをしてくれたら「ありがとう」と言い合えるような関係に戻ろうというのは、『ティール組織』のメッセージとすごく近いと思うんです。

そのようなコミュニティ意識を取り戻せないと、物理的には満たされているけれど、いつまでたっても自分の心が満たされていない感覚はなくならないと思います。今の日本は、まさにそういうフェイズにあるのでしょう。

画像5

本業とは別の所属先としてティール組織を選ぶ人が増えていく

―― 日本で『ティール組織』が注目されるのはコミュニティが不足しているから、というのは新しい視点ですね。

佐宗:「将来どのくらいの割合の組織がティールになるんでしょうか?」みたいなことを聞かれたりするんです。そんなこと僕にはわかりませんが(笑)、NPO的な活動の割合が増えるほど、ティール的な組織は増えてくると思うんですよ。たとえば、本業は従来型の組織に属していても、副業では自分の存在価値を認めてくれるティール組織に所属してバランスをとる、という形です。

お金を稼ぐことだけを目的にすると、必ずしもティール組織のやり方に合うわけではないので、今の資本主義の経済活動とは別の、生活のために稼ぐだけではないコミュニティのようなところに、実はティール組織の可能性がありそうだと考えています。

―― 働き方改革や自動化で労働時間が短くなり、稼ぐこと以外の活動に目を向ける人も増えそうですね。

佐宗:はい。僕は自分の本(『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』)で「(社会の)役に立って生きる現実世界」と「役に立たないけれど自分には大事な地下世界」と表現していますが、役に立たないけれど意味のある活動の時間価値のほうが、役に立つ活動の金銭価値より高くなるということが、多分どこかのタイミングで起きるのではないでしょうか。

意義があると思えることをやっているから自分が生きていると感じられる、夢中になれる、そんな時間を増やしていくことが、今注目されているwell-beingなんじゃないかと思います。意義を感じる活動に時間を使うこと自体が自己効力感を高めるし、コミュニティに属したいという欲求も叶えられる。ある種のコミュニティを運営する方法として、ティール組織はとても完成されていると思います。

これからは「哲学をする組織」が生き残る

ーー佐宗さんの仰る 「役に立つ世界」のただ中にある会社組織が『ティール組織』から学べることがあるとしたら、どんなことでしょう?

佐宗:今、貿易戦争など不安定な国際関係から世界的な不況が起こるのではないか、という兆しが見えていますが、不況期は歴史的に見ても、社会に必要なものと必要ないものの選別が進むんですよね。会社としては、社会に必要ない組織とならないために、今のうちに「哲学の時間」を持つことがすごく大事だと思います。

哲学というのは要するに、「なぜこの活動をやっているのか」「なぜこれが必要なのか」を問うということです。こういうことは時代の変化によっても、会社のフェイズによっても変わっていくので、単に文章にまとめるのではなく、考え続ける場を持つということが、『ティール組織』が言う存在目的(evolutionary purpose)を下支えするのではないでしょうか。

自分たちで哲学をして、会社のビジョンやミッションなどをしっかり再設定できた会社は不況期を経ても残るし、それができなかった会社は、働き方改革をしながらも空中分解していく。この5年でそういうことが起こると思います。だから、「哲学しましょう」と提案したいです。

ーー 『ティール組織』について、「あれは体力のある会社しかできない」と言う人も多いです。

佐宗:それは逆でしょう。リソースがないから信頼ベースで結束できるという要素はすごくあるので、むしろゲリラ戦的な弱者の戦い方でもありますよね。有形資産で戦っていくのが王道だとすると、無形資産でしぶとく残っていく戦い方です。むしろリソースが少ないほうが、ティール的なやり方を選びやすいと思います。

ーー 最後に、9月のカンファレンスにどんなことを期待されているか、教えてください。

佐宗:「哲学する場」であってほしいですね。『ティール組織』が共感を得ている理由のひとつは、本を読むことで、鏡を見ているように自分を振り返ることができる、ということだと思うんです。ノウハウを学んで何かをしましょう、ということではなくて、鏡に映った自分たちを見て、人と組織について考えることが価値だと思うので。

この1年半に、いろいろな人が『ティール組織』をきっかけに考えて、実践した末にたどり着いたものは何なのか? それをみんなで考えてみる機会になったらいいですよね。

画像6


9/14 TEAL JOURNEY CAMPUS 開催!

画像7

日本初、「新しい組織の探求者」が一堂に会するカンファレンスを開催!

「ティール・ブーム」から「ティール・ムーブメント」へ

「これからの組織のあり方」を示して注目を集めた『ティール組織』発売から1年余り。 日本各地で、自然発生的に多くの勉強会・読書会が開催されてきました。その草の根の動きも新しい現象であり、国会でとりあげられたり数多くの賞を受賞したりするなかで、日本社会においても少しずつ広まっていっています。

しかし、ティールを始めとする新しい世界観(パラダイム)の実践は、探求すればするほど味わい深く、すぐに答えが出るものではありません。どの実践者も試行錯誤を繰り返し、独自のやり方を見出そうと模索し続けています。

私たちは、今こそ日本における実践知を集めることで、新たなる動きを生み出せるのではないかと考え、日本ではじめてのカンファレンスを開催します。

●公式サイト
https://teal-journey-campus.qloba.com/


連載「Teal Impact」をお読みくださり、ありがとうございます。次回記事をどうぞお楽しみに。英治出版オンラインでは、連載著者と読者が深く交流し、学び合うイベントを定期開催しています。連載記事やイベントの新着情報は、英治出版オンラインのnote、またはFacebookで発信していますので、ぜひフォローしていただければと思います。(編集部より)

連載のご案内

画像8

連載 Teal Impact:日本の組織と社会はどう変わるのか
ティール組織』発売から1年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか? 多角的な視点から、「日本の組織と社会のこれから」を探究する。

第1回:「ティール組織」学びの場づくりについて語ろう。(前編)
第2回:「ティール組織」学びの場づくりについて語ろう。(後編)
第3回:自分たちの存在目的を問う「哲学の時間」を持とう( 『ティール組織』推薦者 佐宗邦威さんインタビュー)
第4回:ティール組織では、リスクとリターンの等分がカギとなる(コルク・佐渡島庸平さんインタビュー)
第5回:内発的動機はどこから生まれるのか? (篠田真貴子さんインタビュー)
第6回:組織文化は「評価」によってつくられる(カヤック・柳澤大輔さんインタビュー)
第7回:ティール組織は耳心地が良い。それでは「明日から」何を始めるのか?(チームボックス・中竹竜二さんインタビュー)
第8回:ティール組織において「人事」はどうなるか?(ユニリーバ・ジャパン 島田由香さんインタビュー)
第9回:「できないこと」が受け入れられ、価値にすらなる世界が始まっている(FDA・成澤俊輔さんインタビュー)
第10回:「ティール組織」の次に来るのは、「〇〇組織」ではない(サイボウズ・青野慶久さんインタビュー)
第11回:「全力で振り切る」組織をどうつくるか(ガイアックス・上田祐司さんインタビュー)

※今後掲載予定のインタビュイー
・入山章栄さん(早稲田大学ビジネススクール)
ありがとうございます!ぜひ他の著者のマガジンものぞいてみてくださいね。
32

英治出版オンライン

英治出版オンラインとは、連載コンテンツや著者イベントを通じて、共感と学びの場をともにつくるプロジェクトです。よりよい未来をつくる活動が前進するアイデアやストーリーを定期配信。連載著者イベントも開催しています。 運営:英治出版 http://www.eijipress.co.jp/

Teal Impact

『ティール組織』発売から1年あまり。それまで日本でほとんど知られていなかったコンセプトは急速に広まり、実践に取り組む組織も次々と現れている。なぜ「ティール組織」がここまで注目されているのか? これまでどのような取り組みがあったのか? そして、これからどんな動きが生まれるのか...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。