岩佐文夫「ベトナム、ラオス、ときどき東京」

15

ベトナム価格で生活するか、日本価格で生活するか

ベトナムでは、珈琲ひとつとっても2種類の価格がある。ローカルなカフェでは50円~100円。一方でスタバではカフェラテが320円。新興国価格と先進国価格が同居する社会で、どういうお金の使い方をするのか。

買い物に追われた1週間

旅行と滞在の違いは、そこで過ごす期間が長いかどうかだけではない。滞在とは、現地で生活の基盤をもつということである。ハノイに来て1週間、こんな当たり前のことに気づき、それに

もっとみる
ありがとうございます!ぜひ他の著者のマガジンものぞいてみてくださいね。
13

「海外に住む」と決めたものの、何から始めるか?

初めての海外生活は半年。場所はラオスとベトナムのハノイと決めたのが昨年末。出発の3月19日に向け、年明けから準備に大忙し。当初はラオス→ベトナムの順に滞在する予定だったが、下見をしてベトナム→ラオスに変更することにした。

「ラオス→ベトナム」から「ベトナム→ラオス」へ

ラオスとベトナムに住むと決めたのが2017年の秋。とはいえ海外に住むのは初めてなので、何から初めていいのかわからない。ベトナム

もっとみる
ありがとうございます!あなたの望む未来への前進に役立ちますように。
12

「そうだ、海外に住もう」となったきっかけ

50代になって初めて海外生活をしようと思ったきっかけは何か。連載の初回は、会社員を辞めてフリーランスになり、ベトナム、ラオスに住むことにした経緯を紹介する。

まったく新しい仕事をしようと会社員を辞めたのだが…

2017年の夏、僕は31年に及ぶ会社員生活に終わりを告げた。そのキャリアは一貫してビジネス系編集者。最後は世界的なマネジメント誌の日本語版編集長もさせてもらった。独自の特集や連載、優れた

もっとみる
嬉しいです!コメントいただけましたら、著者や編集者がお返事します。
21