占部まり「死を想う」

1
ノート

キュアからケアへの時代に考えたい「その人らしい最期」(占部まり)

自分らしい最期とはどんなものだろうと考えることがあります。

私の理想は、どこかの施設に入り――その頃にはどこの施設も後でご紹介する銀木犀(ぎんもくせい)のようになっていると信じています――、だんだん食事の量が減り、それに伴い眠る時間が長くなり、波の音を聴きながら、お気に入りの毛布と枕に包まれて眠るように終わりを迎える、というものです。

みなさんにとって「自分らしい最期」とはどんなものでしょうか

もっとみる
ありがとうございます!あなたの望む未来への前進に役立ちますように。
11