原田英治「離島から会社を経営する」

1
ノート

1年間の「親子島留学」で期待していること

地域活性のモデルケースとして注目を集める海士町での暮らしは、経営者としての思考や価値観にどんな影響をもたらすのか。連載初回は、「離島から会社を経営する」ことへの期待を語る。

創業20年目、アクセルかブレーキか

島根県隠岐郡海士町。日本海に浮かぶ隠岐諸島のひとつ、中ノ島にある人口2300人足らずの町。英治出版が経営第20期に突入した今年3月から1年間、ここで「親子島留学」に挑戦する。

家族で島

もっとみる
気に入っていただけ嬉しいです!引き続き連載をお楽しみください。
20