厨勝義「三陸せっけん物語」

9

そもそも、なぜ「せっけん」だったのか?

震災をきっかけに無縁だった東北に移り住み、石鹸屋を立ち上げた著者。さまざまな選択肢がある中で、なぜ石鹸でビジネスをしようと思ったのか。決断の背景、スタートから3年が経った現在の気づきを語る。

起業して3年、最も多くの人から聞かれたこと

女川町にある石鹸工房KURIYAは、立ち上げから3年が経ち、宮城県内では少しずつお馴染みになってきました。初対面の方でも挨拶をすると、「ああ、せっけんの!」と言

もっとみる
嬉しいです!コメントいただけましたら、著者や編集者がお返事します。
9