連載「映画で貧困は救えるか」

2
ノート

映画で少数民族が抱える課題に挑む――代表の私には見えなかった新しい活動の可能性(教来石小織)

途上国で移動映画館を展開するWorld Theater Projectの教来石さん。しかし、様々な事情でなかなか頻繁には現地に行けないコンプレックスが。
それにもかかわらず、活動地域は広がり続け、さらには当初想定していなかった映画の新しい可能性も見え始め――。

代表なのに現地に行けないコンプレックス

おそらく会話のきっかけを探してくださってのことだろう。会う人会う人、「カンボジアにはどのくらい

もっとみる
ありがとうございます!コメントいただけましたら、著者がお返事します。
28

挑戦をやめたらそこで試合終了ですよ。(教来石小織)

去年10月から始まった連載「映画で貧困は救えるか――『途上国×移動映画館』で感じた葛藤と可能性」。著者が活動のなかで感じる葛藤が真摯に綴られてきましたが、新年初となるこの記事では少し方向転換。ここまでの連載執筆を振り返りつつ、2019年はどんな挑戦をするのかを語ってもらいました。
これまでの記事にはなかった教来石さんの実際の雰囲気と、衝撃のラストをお楽しみください。

――明けましておめでとうござ

もっとみる
ありがとうございます!著者登壇イベントへのご参加もお待ちしてます。
24