連載「映画で貧困は救えるか」

1
ノート

夢だった活動が広がることで、新たに生まれる不安(教来石小織)

途上国の子どもたち向けに移動映画館を展開する著者。カンボジアをはじめとした世界各国5万人以上に映画を届けてきた実績とは裏腹に、活動の存在意義を自問自答する日々。食糧やワクチンを届けるべきではないのか? 映画を届けたいのは自分のエゴではないのか? 映画は世界を変えられるのか? 本連載では、「映画で貧困は救えるか」をひとつの象徴的な問いとして、類を見ない活動をするNPO経営のなかで感じる様々な葛藤や可

もっとみる
気に入っていただけ嬉しいです!引き続き連載をお楽しみください。
82